ほうれい線はなぜできるのか?原因を知り、効果的に解消しよう!


皆さん、こんばんは。
アンチエイジングアドバイザーの遠藤幸子です。

このサイトは、人気ブログランキングとにほんブログ村のアンチエイジング部門に参加しているのですが、毎朝自分の順位を確認するのが私の日課となっています。

今朝も同様に起床直後に確認したところ、にほんブログ村では16位人気ブログランキングではなんと!18位でした!!
人気ブログランキングは、これまで20位が最高だったので特に嬉しく思いました。

これも、応援してくださる皆さんのお陰です!
ありがとうございます!!

今後とも応援をよろしくお願いします!

現在のアンチエイジングランキング気になる順位は???
↓↓↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

 

 

 

さて、今回は、ほうれい線ができる原因についてお話ししたいと思います。
「今更?」と思われてしまうかもしれませんが、今まで各記事でサラッと触れてきただけのようで^_^;
改めて1つの記事にしようと思い立ちました。

肌悩みを解消するためには、まずその肌悩みの原因を知ることが大切です。
ぜひお付き合いいただきたいと思います。

 

■ほうれい線ができる原因

ほうれい線の原因といわれているものは、非常に多く、それらの原因が複雑に絡み合っている場合が多いと思います。
それを大きく3つに分類し、それぞれの原因について詳しくお話ししていきましょう。

 

1.加齢によるもの

604d99122553e0ff1c1ef5aea24c33db_s

ほうれい線の原因として、最も大きいものはやはり加齢によるものであるといえるでしょう。

 

◇頬のたるみ

ほうれい線ができる直接的な要因は、頬のたるみであるといわれています。
頬がたるむと口の周りにシワができます。これがほうれい線の正体です。

 

<表情筋の衰え>

年齢を重ねると、表情筋が衰えていきます。
表情筋とは、目や鼻、口などを動かす顔に存在する筋肉のことで、これが衰えることによってシワやたるみを作るといわれています。

そのため、日頃から積極的に表情筋を動かし、鍛えることでほうれい線を予防・解消する効果が期待できます。
関連記事翌日にリフトアップ&小顔効果を実感!間々田先生の顔ヨガの威力!!

 

<ハリ・弾力の低下>

年齢を重ねると、肌のハリ・弾力が低下することによってたるみをまねくといわれています。

では、なぜ年齢を重ねると、肌のハリ・弾力は低下するのでしょうか。
1つに、肌のハリ・弾力を支えるコラーゲンが加齢や光老化(紫外線の影響による老化)などが原因で変性してしまうから。
また、加齢などによってコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を産出する繊維芽細胞の働きが衰えてしまうこともほうれい線と密接な関係があるといわれています。

そこで、肌のハリ・弾力をアップさせるには、肌内部のコラーゲン量を増やしていく必要があります。
そのためには、スキンケアやインナービューティでコラーゲンの生成に作用するような成分を取り入れていくこと大切です。
関連記事
1.私の美活に欠かせないプラセンタ!その効果と効果的な摂取方法とは?
2.内側から輝き、弾む肌へ!ナールスピュア クチコミ
3.すべてのエイジングサインを消すために肌のハリ・弾力をアップさせる方法とは?
4.エイジングサインをストップ!?コラーゲンの効果的な摂取方法とは?

 

<老廃物・脂肪の蓄積>

私たちの身体には、日々老廃物が溜まり、それを毎日排出しています。
顔も例外ではなく、特に寝ている間に溜まった老廃物の重みで顔のたるみを助長する可能性があると言われています。

そのため、老廃物はできるだけ溜め込まず、排出していくことが大切です。
そのためには、腸の調子を整えること、汗をかくことが有効ですが、マッサージも有効な手段といえます。

老廃物を効果的に排出することができるマッサージ法については、下記の記事をご覧ください。
関連記事毎朝続けて5歳若返る?!ツボとリンパを意識したマッサージ

 

<乾燥>

年齢を重ねると、肌内部に存在する保湿物資「セラミド」の生産量が減少するといわれています。
そのため、肌が乾燥しやすくなるのです。

肌が乾燥すると、浅いシワができやすくなり、それがほうれい線を助長させるともいわれています。

セラミドは、コスメで補うのが有効。
セラミドが配合されたコスメを積極的に使用することで、肌の保湿力をアップさせることが大切です。

関連記事エイジング肌も確実保湿!「セラミド」化粧水など配合アイテムの選び方
 

2.生活習慣によるもの

77cc221578a1e0c1478ae0683a28d155_s

ほうれい線ができる原因として次にあげられるのが生活習慣。
具体的にご紹介していきましょう。

 

◇紫外線

肌老化の約65%は紫外線によるものといわれています。
これを「光老化」といいます。

人はこの光老化により、肌のハリ・弾力を支えるコラーゲンが変性・劣化するといわれています。
その結果、前述の通り、肌のハリ・弾力が低下し、シワやたるみをまねく要因になるのです。

ですから、紫外線は1年365日、室内で過ごす時も防止することが大切です。

 

◇姿勢

起きている時はもちろん、寝ている時の姿勢もほうれい線をまねく原因になるといわれています。

 

<猫背>

猫背は、背中を丸める状態になるので、顔が下方向に向きます。
その結果重力の関係で顔のたるみをまねき、それがほうれい線の原因になるといわれています。

自分は猫背ではないと思っている人も、デスクワークなどでは前のめりの姿勢となり、猫背になりがち
日頃から姿勢に気をつけることが大切です。

そのために、座る時の姿勢をよくするアイテムを使用するのも1つ。
筆者愛用の便利アイテムは下記の記事でご紹介しています。

関連記事ほうれい線解消・予防のためには姿勢を正す!猫背防止に効果があるグッズとは?

私はこのアイテムを使用してから、座る姿勢がよくなり、腰痛も改善されました♪

 

<頬杖>

考え事をしている時などについついてしまう頬杖も、たるみやほうれい線をまねく要因と言われています。
日頃から、左右のバランスよく、そして前述のように姿勢を正して生活することが大切です。

 

<横向き寝>

私たちは、1日のうち3分の1から4分の1という長い時間眠っています。
そのため、寝ている時の姿勢も顔のたるみやほうれい線と密接な関係があるのです。

人は寝ている間に寝返りをうち、身体の歪みを整えていると言われていますが、長時間横向きねをすると反対側の頬が重力の重みで垂れさがることになります。
そのため、できるだけ仰向け寝の時間を長くすることが有効です。
腰の下にタオルを丸めたものを入れておくなど工夫することもおすすめです。

 

この他、食事の時に左右のバランスよく噛む、鞄は片側だけで持たないなど気をつけることも有効です。

 

 

◇目を酷使する

目を酷使すると、目が疲れて目の周りの筋肉が緊張してこります。

この「コリ」つまり、目の周りの筋肉が緊張している状態が続くと、目と口とをつないでいる筋肉「上唇挙筋」がこり固まってほうれい線の原因となる恐れがあります。

そこで、パソコンやスマホなどを長時間使用する際は、間に休憩をはさみ、遠くを見る、瞬きをするなどして目を休めることを心掛けましょう。

 

◇血行不良

血行が悪くなると、肌に充分な酸素と栄養が行き届かなくなり、ターンオーバーが阻害される恐れがあるといわれています。

その結果、コラーゲンの産出量も減少し、たるみやほうれい線をまねく恐れがあるのです。

 

 

◇糖化

今話題の「糖化」もたるみやほうれい線をまねく恐れが指摘されています。

糖化とは、コラーゲンなどの体内のタンパク質が糖と結合して変性し、老化につながることを指します。

糖化すると肌内部のコラーゲンが硬くなって、弾力を失い、シワやたるみの要因となるのです。

ですから、ほうれい線を解消するためには、バランスのよい食事を心掛け、適度な運動をするほか、GI値の低い食品から順に摂取する、糖質を制限するなどの対策をとることが効果的です。

関連記事
1.ほうれい線解消のために始めた〇〇生活!1週間継続した効果は?
2.低GI食品を意識した食生活でアンチエイジング!その方法とは???

 

 

◇喫煙

タバコを吸うと、体内のビタミンCが欠乏し、肌のハリ・弾力が低下するほか、抗酸化作用の低下などによって老化を早めてしまう恐れがあるといわれています。

タバコは百害あって一利なしともいわれているため、禁煙されることをおすすめします。
また、自分はタバコを吸わないが、パートナーなど身近な人に喫煙の習慣がある場合は、受動喫煙に注意しましょう。

 

このほか、ストレス睡眠不足もたるみやほうれい線をまねく要因となりうるため注意が必要です。
 

3.遺伝によるもの

419e7539680e0823a6056ba9c77a6e6e_s

ほうれい線には残念ながら遺伝的な要素も関係しています。
骨格目鼻立ちがハッキリしているなどといった顔立ちは遺伝による要素が大きく、そういったものがほうれい線と密接な関係があります。

しかし、自分の努力ではどうすることもできない要素ですよね。
そこで、自分の母親や祖母の肌老化を参考にする、遺伝子検査を受けるなどして、自分の肌リスクを知り、早くから予防を心掛けるのが効果的です。

 

いかがでしたでしょうか。
ほうれい線に限らず、肌悩みを解消するためにはまず原因を知ることが大切です。
そして、多方面から継続してアプローチしていくことが大切です。

私自身、最大の肌悩みであるほうれい線は、日に日に薄く、浅くなってはいるものの、まだ解消には至っていません。
解消には、長い道のりがかかるものと思われます。

しかし、決して諦めません!
これからも継続して多方面からアプローチしていくつもりです。>>>私が行っているアプローチ
そして、取り組んだ内容と効果について、引き続きこのサイトでご紹介していきたいと思っています。

 

大変長くなりましたが、今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

いつも応援してくださる皆さん、ありがとうございます!
本日も応援のワンクリックをお願いいたします。
↓↓↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

***************************************************

人気記事ランキング

第1位 洗い過ぎが乾燥を招く!元祖馬油洗顔の方法

第2位 ニキビ跡を消し、新たなシミの発生を防止!
キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンスの美白効果に夢中♪

第3位 頬の位置が上がる!「イー!」の笑顔を習慣に

第4位 クレヨンみたいでとっても可愛い!
レブロン カラーバーストラッカーバーム クチコミ

第5位 おすすめのオーガニックコスメブランドNo.1 ローレル

about me

***************************************************


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事


人気記事ランキング


おすすめ記事

ブログランキング参加中!現在の順位は?

カテゴリー

アーカイブ

Twitter

Facebook

バナー原稿imp