低GI食品を意識した食生活でアンチエイジング!その方法とは???


皆さん、こんにちは。
アンチエイジングアドバイザー遠藤幸子です。
今回は、低GI食品を意識して体の中からアンチエイジングする方法についてお話ししていきたいと思います。最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

私たちの体は、日々の生活の中で口にしたものから主に作られています。ですから、どのような食生活を送るかで老化を早めることも緩めることもできるということになります。
そこで、食生活でアンチエイジングする方法について具体的にご紹介していきたいと思います。


1.低GI食品を意識した食生活を送る

fd400466 - コピー

■GI値とは何か?
GIはGlycemic Indexの略。食品が体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを計測したものです。そして、GI値とはブドウ糖を摂取した際の血糖値の上昇を100として、相対的に表したもののことを指します。

■低GI食品を意識した食生活を送ることのメリット
GI値の高い食品を摂取すると、血糖をおさせる作用のあるインスリンが大量に分泌されます。インスリンが急激に、大量に分泌されると脂肪細胞に糖が運ばれ、肥満の原因となります。そして、大量に分泌された糖はタンパク質と結びつき、体温によって熱せられることで「AGE(週末糖化物質)」が生成されることになります。

AGEは強い毒性を持ち、老化を進める原因物質であると言われています。そして、シミ・シワなどの要因となる他、蓄積される場所によっては心筋梗塞や脳梗塞、認知症、白内障、骨粗しょう症などの要因になりうるのです。
ですから、低GI食品を意識した食生活を送ることは急激な血糖値の上昇を防ぐこととなり、重大な病気や老化のリスクを減らすことに繋がるのです。

■低GI食品とは?
低GI食品にはどのようなものがあるのでしょうか。よりわかりやすくお伝えするために表にまとめました。参考にしていただきたいと思います。

低GI食品 GI値 高GI食品 GI値 低GI食品 GI値 高GI食品 GI値
パスタ 65 うどん 85 ごぼう 45 にんじん 80
おかゆ 57 精白米 88 玉ねぎ 30    
玄米 55 もち 85 トマト 30    
ライ麦パン 55 フランスパン 95 キャベツ 26    
そば 54 食パン 95 ピーマン 26    
全粒粉パン 50 ロールパン 83 大根 26    
かまぼこ 51 赤飯 77 ブロッコリー 25    
ベーコン 49 ベーグル 75 なす 25    
豚肉 46 クロワッサン 70 小松菜 23    
ししゃも 40     きゅうり 23    
あさり 40     ほうれん草 15    


2.食べる順番を工夫する

ここまでのお話で低GI食品を積極的に摂取するメリットをご理解いただけたと思いますが、食べる順番についても同様のメリットがあります。つまり、食事の際低GI食品から食べると急激な血糖値の上昇を防ぐこととなり、アンチエイジングに高い効果があるのです。

食べる順番についてですが、コース料理をイメージするととてもわかりやすいでしょう。コース料理は、サラダからスタートし、スープ、前菜、肉か魚のメイン料理、ライスまたはパンまたは麺類、最後にデザートという順序で出される場合が多いと思います。
普段の食事の中でもこの順序を意識することが大切です。

しかし、毎度の食事の度に食べる順番を気にしていては、ストレスになってしまう場合もあるでしょう。そこで、1日1度の食事のみ心掛けられることをおすすめします。そして、毎日継続して心掛けることで確かな効果を得ることができるでしょう。
いかがでしたでしょうか。
以上のことを無理のない範囲で取り組まれ、体の中からアンチエイジングに取り組んでいただければと思います。

ブログランキング参加中です。応援お願いいたします。
↓↓↓

アンチエイジング ブログランキングへ
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事


人気記事ランキング


おすすめ記事

ブログランキング参加中!現在の順位は?

カテゴリー

アーカイブ

Twitter

Facebook

バナー原稿imp