洗顔料は肌に悪いのか?エイジングサインを解消するための洗顔料との付き合い方


皆さん、こんばんは。
アンチエイジングアドバイザーの遠藤幸子です。

今回は、エイジングサインを解消するための洗顔料との付き合い方についてお話ししたいと思います。
最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

現在のアンチエイジングランキング気になる順位は???
↓↓↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

 

 

 

■洗顔料は肌によくないってホント?

girl is washing

美容好きな皆さんなら1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
「洗顔料は肌によくない。」というウワサ
果たしてホントなのでしょうか?

 

1.馬油洗顔の産みの親も、あの佐伯チズさんも避けている洗顔料

馬油洗顔

実は、私が以前取材させていただいた馬油洗顔の産みの親である80代の女性に、美肌の秘訣をおうかがいしたところ、3つのことに注意しているというお話がありました。

それは、
1.洗顔料は使わないこと。
2.日焼け止めは肌を硬くするから使わないこと。
3.摩擦は避けるべき!コットンは使わずに手でお手入れを行うこと。

この他にも日々口にする食事が大切であるといったお話もありましたが、とにかくこの3つは重要であるということでした。

関連記事冬に加速するエイジングサインにストップ!馬油を使ってのスキンケア

ちなみに、私自身実行しているのは、3くらい。
2は勇気がなくて、とてもできません。。

 

 

2.洗顔料は肌に悪いのか?私の持論

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

私の持論ですが、洗顔料は必ずしも肌に悪いとは言えないと思っています。
重要なのは、使用する洗顔料にどんな成分が含まれているかということ。
(界面活性剤などが関係してくるのですが、そのあたりのお話は後日改めてしたいと思います。)

肌の潤いを奪うほど洗浄力が高すぎたり、肌本来が持つバリア機能などを破壊する恐れがあるような成分が含まれた洗顔料なら、もちろん使用しない方がいいでしょう。

しかし、肌に悪影響を与えるリスクの低い洗顔料で汚れを落とすのなら、シーンによって使用するのはいいというのが私のスタンスです。

 

 

3.私自身の洗顔料との付き合い方

手ぬぐい洗顔泡だて

実際のところ、私の場合、朝はほとんど洗顔料を使用しませんが、ノンケミカルコスメでメイクをした日の夜には洗顔料を使用しています。

関連記事
洗い過ぎが乾燥を招く!元祖馬油洗顔の方法
洗顔を見直したら肌が好調!新・馬油洗顔&乳液洗顔の方法とは???
クレンジング不要!手ぬぐい洗顔がもたらす効果とは?

そのほか、朝起きて肌チェックを行った時にTゾーンがギトギトしていたら、Tゾーンのみ洗顔料を使用することもありますし、毛穴の汚れが気になった時に酵素入りの洗顔料を使用することもあります。

大切なのは、肌とよく対話し、その都度必要なケアを行っていくことなので、あまりストイックになり過ぎないことが大切なのではないかと感じています。

 

とはいえ、洗顔料の種類は様々。
固形のシンプルな石けんもあれば、チューブなどに入っているフォームタイプもありますし、中には美容成分がたっぷり含まれた泡立たない洗顔料もあります。

次回は、比較的肌に負担をかけずに使用できる洗顔料の選び方についてお話ししたいと思います。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

いつも応援してくださる皆さん、ありがとうございます!
多くの皆さんに応援いただき、毎日順位を上げております!!
本日も応援のワンクリックをぜひお願いいたします。
↓↓↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

***************************************************

人気記事ランキング

第1位 洗い過ぎが乾燥を招く!元祖馬油洗顔の方法

第2位 ニキビ跡を消し、新たなシミの発生を防止!
キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンスの美白効果に夢中♪

第3位 頬の位置が上がる!「イー!」の笑顔を習慣に

第4位 クレヨンみたいでとっても可愛い!
レブロン カラーバーストラッカーバーム クチコミ

第5位 おすすめのオーガニックコスメブランドNo.1 ローレル

about me

***************************************************


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事


人気記事ランキング


おすすめ記事

ブログランキング参加中!現在の順位は?

カテゴリー

アーカイブ

Twitter

Facebook

バナー原稿imp