アンチエイジング効果抜群の水素水!効果的に摂取する方法とは???


皆さん、こんにちは。
アンチエイジングアドバイザーの遠藤幸子です。

ブログの更新が滞りがちで申し訳ありません!
本日は久々の更新となります。
最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

現在のアンチエイジングランキング気になる順位は???
↓↓↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

 

 

 

■アンチエイジング効果抜群の水素水!効果的に摂取する方法とは?

A drink of water

先日、このサイトで水素水の高いアンチエイジング効果についてご紹介しました。

関連記事シワ、シミ、くすみなどのエイジングサインに効果アリ!水素で叶うアンチエイジング!!

水素には活性酸素を除去する効果があるため、シワ、しみ、くすみなどのエイジングサインに効果が期待できると言われています。

 

現在、市販されている水素水には様々なものがあります。

ペットボトルやアルミパウチ容器に入ったもの、自宅で水素水を作ることができるキットまで存在します。

高いアンチエイジング効果を得られる水素水の摂取方法について調べてみましたのでご紹介したいと思います。

 

 

1.注意したい容器の形状

まず1番に注意したいのが容器の形状です。

水素が最も抜けにくいのは、アルミニウムパウチ容器だと言われています。

ボトルタイプは、キャップと水間に空間を作らなければならず、そのためその部分から少しずつ空気が抜けてしまうのだそう。

ですから、水素水を購入する際は、アルミニウムパウチ容器のものを選ぶのがベストであると言えます。

 

2.どの程度の量を摂取するとよいのか

では、どのくらいの量の水素水を摂取すればよいのでしょうか。

日本医科大学教授の太田成男先生によると、1日300~500ℓ程度を目安にするとよいそう。

また、効果的に飲むには一度に大量に飲む方がよいと言われています。

 

3.効果が出るにはどのくらいの期間継続して摂取したらよいのか

日本医科大学教授の太田成男先生によると、2ヶ月程度継続摂取し、体質が変わったという人が多いそうです。

特に病気のある人は毎日飲み続けることで病状の改善が期待できるのではないかと言われています。

 

4.温めても同様の効果が得られるのか

水素水を沸かすと、水素がすべて抜けてしまうと言われています。

湯煎で80度くらいまでなら水素はほとんど抜けることがないとも言われていますが、やはり水素水からより確実な効果を得たいなら、温めず、開封後できるだけ速やかに摂取することをおすすめします。

 

5.毎日飲むのが厳しい人は週1、2回の摂取がおすすめ

ここまでのお話で、水素水は美容にも健康にもよいことがお分かりいただけたかと思います。

しかし、水素水は比較的高価なため、毎日300~500ml程度摂取することは難しい人も多いと思います。

そこで、日本医科大学教授の太田成男先生は週に1、2回水素水を集中して飲む「水素水デー」を推奨されていらっしゃいます。

水素デーには、一気に600ml程度摂取するのだそう。

比較的続けやすい方法だと思います。

 

以上のことを踏まえ、私は300ml以上のアルミニウムパウチ容器に入った水素水をあれこれ試しているところです。

明日以降、回を分けて、実際に私がお試しした商品のクチコミをご紹介していきたいと思います。

今後ともどうぞお付き合いください。

 

本日は、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

【参考】太田成男著『水素水とサビない身体 悪玉活性酸素は消せるのか』(小学館)

***************************************************

ほうれい線関連記事のバックナンバー

ほうれい線解消・予防のためには姿勢を正す!猫背
防止に効果があるグッズとは?

頬の位置が上がる!「イー!」の笑顔を習慣に

ほうれい線が浅くなってきた!毎日続けて効果アリ
の顔筋整骨ケアとは?

ほうれい線の予防と解消に効果のあるマッサージとは?

頬がリフトアップ!フェイスラインはスッキリ!
ReFa S CARATを愛用中

 

about me

***************************************************

いつも応援してくださる皆さん、ありがとうございます!
本日も応援のワンクリックをお願いいたします。
↓↓↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事


人気記事ランキング


おすすめ記事

ブログランキング参加中!現在の順位は?

カテゴリー

アーカイブ

Twitter

Facebook

バナー原稿imp