エイジングサインを加速させない洗顔料の選び方


皆さん、こんばんは。
アンチエイジングアドバイザーの遠藤幸子です。

今回は、昨日のお話の続き、エイジングサインを加速させないために、肌に負担をかけにくい洗顔料の選び方についてお話ししたいと思います。

どうぞ最後までお付き合いください。

現在のアンチエイジングランキング気になる順位は???
↓↓↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

 

 

 

■肌に悪いのは洗顔料そのものではない!

90a66a7875d1f9625ba9b8caf63244cb_s

洗顔料が肌によくないという人に、なぜ洗顔料が肌によくないのか尋ねると、
「洗顔料は肌に必要な潤いまで奪ってしまうから。」という答えが返ってくる傾向にあります。

確かに一理あるのですが、肌に悪いのは洗顔料そのものではないと私は考えています。
関連記事洗顔料は肌に悪いのか?エイジングサインを解消するための洗顔料との付き合い方

重要なのは、その洗顔料にどんな成分が含まれているか、だと私は思っています。

そこで、私が避けたい成分として筆頭にあげるのが合成界面活性剤です。

 

 

■界面活性剤とは何か?

9ba45ceba4d6bd56931e8faf828e26d7_s

界面活性剤とは、水と油のように、その性質から混じり合わないのない物質の性質を変化させる物質の総称です。

界面活性剤の種類は多く、その性質も様々。
ここでは大きく、天然のものと、化学合成されたものの2つに分けお話ししていきたいと思います。

 

1.天然の界面活性剤

cd20b49a34e25d68ad4089dc1fb0b432_s

界面活性剤には、天然のものもあります。
大豆や卵黄に含まれるレシチンや植物に含まれるサポニンなどが天然の界面活性剤です。

合成界面活性剤よりも天然の界面活性剤の方が肌に与える刺激は少ないという考えもありますが、界面活性剤は洗浄作用を持つため天然の界面活性剤が必ずしも肌に優しいとは言い切ることができないという説も存在します。

そして、食品よりも長期保存させる必要がある化粧品には、合成界面活性剤を使用した商品の方が圧倒的に多いのが現状です。

 

2.合成界面活性剤

Laboratory

合成界面活性剤とは、元々自然界には存在しなかった物質で、人工的に化学合成されて作られたものです。
水と油のように相反する性質のものを融合させる強力な界面活性剤です。

安価であるため、市場に広く出回っている界面活性剤ですが、肌に及ぼす悪影響も指摘されている成分です。

合成界面活性剤には、植物由来のものと石油由来のものとがあります。

 

 

■合成界面活性剤の危険性

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

 

1.合成界面活性剤が肌に及ぼす影響

1d063d917e416053291eb778c191265c_s

合成界面活性剤は、肌にどのような影響を与えるのでしょうか。

 

①肌のバリア機能を破壊する?

合成界面活性剤は、皮膚膜を溶かし、皮膚の内部まで化学物質を浸透させる作用があるいう説が存在します。
その説によると、上記の結果、細胞を破壊する恐れがあるといわれています。

そして、皮膚のバリア機能をも破壊する恐れがあり、肌荒れを引き起こしたり、健康へ害を及ぼす可能も指摘されています。

とはいえ、多くの化粧品やシャンプーなどに含まれている合成界面活性剤。
それらが含まれる製品を長年使用している人が多数いる中で、誰もが上記のような症状を実感するものではありませんよね。
一因に、その人の肌が丈夫であるかどうかといったことも関係するものと思われます。

医師・化粧品開発者などの見解を知りたい方は、下記の記事をご参照ください。
参考記事
乾燥肌の化粧品選び(2)洗顔料
お肌を乾燥させる悪者!?意外と知らない界面活性剤の真実
界面活性剤の正しい知識がアトピーの悪化を防ぐ!

 

②植物由来の合成界面活性剤なら肌に優しいのか?

植物由来の合成界面活性剤は、石油由来の合成界面活性剤より肌に負担をかけにくいという考えも存在しますが、どちらも化学合成された界面活性剤には違いがありません。

そのため、私は、石油由来は粗悪であるものの、植物由来なら肌に優しいと判断することはできないと思っています。

 

③私自身の経験に基づいた見解

能書きはどうあれ、実際のところどうなのかということを私は長い年月をかけて自分の肌で実験してきました。

まず、ハンドソープを石油由来系の合成界面活性剤不使用のものを使用するようにしたところ、手荒れが改善されました。
それでも、まだ手が乾燥しやすく、指先がかさつくという症状があったので、さらに合成界面活性剤不使用のハンドソープに切り替えました。
※私の愛用品は>>>バブルガード

すると、手の乾燥が改善されてきました。

次にハンドクリームも合成界面活性剤不使用のものに切り替えたところ、手の甲の毛穴が目立たなくなり、手の甲のキメが整ってきました。
※私の愛用品は>>>パックスナチュロン ハンドクリーム 70g

手は年齢が表れやすい箇所だとよくいわれていますが、以前の私の手の甲は、シワや毛穴が目立ち、年齢以上に老けた手でした。
それが、上記のようなケアをするようになって格段に変わったのは前述の通りです。

2015年5月21日の私の手の甲

写真: 2015年5月21日現在の私の手の甲

 

 

■結論、そして、私のスタンス

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

自身の経験を交えた上で、洗顔やクレンジングに関して、下記のような図式があてはまると思います。
合成界面活性剤<天然の界面活性剤(天然由来の合成界面活性剤という意味ではありません。)<界面活性剤不使用

そこで、私は、身を持って合成界面活性剤が及ぼす肌への影響を知ったため、洗顔料、シャンプー、ハンドソープ、ボディソープに関しては、合成界面活性剤が入ったものを使用しないようにしています
※クレンジングに関しては、合成ポリマーなどが含まれた密着度の高いメイク用品を使用した際に、合成界面活性剤が含まれたものを使用する場合があります。

なお、私の洗顔事情については、昨日の記事をご参照ください。
関連記事洗顔料は肌に悪いのか?エイジングサインを解消するための洗顔料との付き合い方

 

 

■エイジングサインを加速させない洗顔料の選び方

以上のことから、エイジングサインを加速させないためには、洗浄力が強い洗顔料を避けた方がよいということがまずいえます。

そこで、1つの選択として、合成界面活性剤を含まない洗顔料を使用してみるとということがあげられます。

とはいえ、成分表を見ても、合成界面活性剤と書かれているわけではないので、見分けるのが難しいと思います。

そんな時に便利なのが、美肌マニアというサイト。
毒性判定自体は、私は参考にしていないのですが、どのような成分が含まれているかなどを調べる時、お世話になっています。

美肌マニアでは、特定の成分を除いた商品を選びたい時にも検索できるので大変便利です。

例えば、合成界面活性剤不使用の石鹸を探すとすると、>>>美肌マニア 合成界面活性剤不使用の石鹸
1つの目安として参考にされてはいかがでしょうか。

 

美容論、美容法には諸説あります。
今回のお話は、1つの意見として参考にしていただけますと幸いです。

明日は、私が愛用している洗顔料をご紹介したいと思います。
ぜひ明日もお付き合いください!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

いつも応援してくださる皆さん、ありがとうございます!
本日も応援のワンクリックをお願いいたします。
↓↓↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

***************************************************

人気記事ランキング

第1位 洗い過ぎが乾燥を招く!元祖馬油洗顔の方法

第2位 ニキビ跡を消し、新たなシミの発生を防止!
キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンスの美白効果に夢中♪

第3位 頬の位置が上がる!「イー!」の笑顔を習慣に

第4位 クレヨンみたいでとっても可愛い!
レブロン カラーバーストラッカーバーム クチコミ

第5位 おすすめのオーガニックコスメブランドNo.1 ローレル

about me

***************************************************


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事


人気記事ランキング


おすすめ記事

ブログランキング参加中!現在の順位は?

カテゴリー

アーカイブ

Twitter

Facebook

バナー原稿imp