アンチエイジングのために知っておきたい!老けるオイルとアンチエイジングに役立つオイル


皆さん、こんにちは☆
アンチエイジングアドバイザー遠藤幸子です。
本日のお題は、「オイル」
最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

 

突然ですが、皆さんに質問です。
皆さんは、食品の「オイル」に関してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

1.肌の皮脂分泌を活発にさせる。
2.脂肪の要因となる。
3.できれば控えた方がヘルシー

私自身、アンチエイジングに関する勉強を始める前はこのようなイメージを抱いていました。
確かにこれらのイメージは当てはまる部分もあるのですが、オイルは決して体に悪い影響を与えるものばかりではありません。
オイルには、私たちを老けさせる可能性が高いものと、逆に若返り、つまりアンチエイジングに役立つものとがあります。
したがって、オイルの性質を知り、アンチエイジングに役立つオイルについては積極的に摂取することが大切なのです。

そのあたりのことは先日LARで記事にしました。老けるオイルに関しては下記の記事を参考にしていただきたいと思います。

関連記事エイジング世代必見!老けるオイルVSアンチエイジングに役立つオイル

 

■アンチエイジングに役立つオイル

今回はアンチエイジングに役立つオイルについて具体的な商品をあげてご紹介していきたいと思います。

1.ココナッツオイル

ココナッツオイル(ブラウン)

大人気モデル、ミランダ・カーが1日大さじ3杯程度摂取していることで一気に注目を集めたココナッツオイル。

老けるオイルの代表と言えるトランス脂肪酸は含まず、中鎖脂肪酸を豊富に含むオイルのため、体脂肪として蓄積されにくいという嬉しい特徴があります。また、中鎖脂肪酸には代謝をアップさせ、体脂肪の減少を促す作用があるためダイエットにも最適であると言われています。

この他、ココナッツオイルには、便秘解消効果、コレステロール値を下げる作用、免疫力をアップさせる効果などがあると言われています。

また、ココナッツオイルは若返りのビタミンと言われるビタミンEが豊富に含まれるため、抗酸化作用も期待できるオイルなのです。

ですから、私は毎日コーヒーやハーブティなどにココナッツオイルを大さじ1杯程度入れて飲むようにしています。

ココナッツオイルは摂取するほかにも、髪や肌に直接使用できるので、私自身はスキンケア用とインナービューティ用の2種類所持しています。

 

【食用におすすめのココナッツオイル】

ブラウンシュガーファースト 有機 ココナッツ オイル 462g

【スキンケアにおすすめのココナッツオイル】

エキストラバージンココナッツオイル 400g


2.オメガ3脂肪酸

 

ニップン アマニ油 100g

この他、オメガ3系オイルもアンチエイジングやダイエット、アレルギー対策などに役立つオイルだと言われています。
オメガ3脂肪酸が多く含まれているオイルとは、えごま油、アマニ油、シソ油などで、私自身は比較的安価なことからアマニ油を摂取しています。

オメガ3脂肪酸は酸化が早いため冷蔵庫で保存し、生で摂取することがポイントです。摂取量は1日大さじ1杯程度。私自身はプロテインを水に溶かして飲む時やスムージーなどに混ぜて摂取しています。

今摂取しているアマニ油がなくなったら次に購入を決めているのがこちらのオイル。

インカインチヴァージンオイル(アマゾングリーンナッツオイル)180g

天然ビタミンEの含有量が高く、。酸化防止剤等無添加でも酸化しにくく、新鮮な風味が長持ちするオイルなのだそう。
そして、2004年と2006年のパリ・ウォルル食用油サロンで金賞を受賞したオイルなのだそうです。

 

オイルは体の細胞膜の材料になり、美肌にも欠かせないものだと言われています。
オイルは体に悪いという思い込みは捨てて、良質でアンチエイジングや美肌への効果が期待できるオイルを積極的に摂取することで明日へのキレイにつなげていただきたいと思います。

 

ブログランキング参加中です。応援お願いいたします。
↓↓↓

アンチエイジング ブログランキングへ

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事


人気記事ランキング


おすすめ記事

ブログランキング参加中!現在の順位は?

カテゴリー

アーカイブ

Twitter

Facebook

バナー原稿imp