くすみ、毛穴、ニキビ、ほうれい線…肌悩みを改善するために私が行った対策とは?


こんにちは。
エイジング美容研究家・美容ライター遠藤幸子です。

突然ですが、皆さんに質問です。
年齢を重ねていくことをどのように捉えていますか?

年齢を重ねること=老いる
という発想しかないとしたら
それはとても残念なことです。

確かに年齢を重ねていけば
肌にはシワが刻まれ、シミが増え、
たるみで顔全体の印象も変わってきます。

しかし、お手入れ次第で美肌や
その年齢にふさわしい美しさというのは
手に入れることができると私は考えています。

下の画像は、4年前のすっぴんと今のすっぴん。

Processed with MOLDIV

 

どちらももちろん加工などはしていません。
どちらの肌が綺麗にみえますか?

ほとんどの方が、44歳のすっぴんの方が綺麗に見える
と答えられるのではないでしょうか。

40歳の私の目元は
まるで茶色のアイシャドウをしているみたいですし、
生理前になると必ず吹き出物が出ていました。

たるみ毛穴も頬にたくさんあり、
眉間のシワやほうれい線も気になっていました。

唇も今とは色が全然違ってくすみがあり、
特に口角のくすみは一旦コンシーラーで消さないと
リップの発色を邪魔するほどでした。

それに肌全体がくすんでごわついていました。
そして、ツヤもあまりなく
ファンデの色は今よりも3段階ほど暗いもの
標準色よりもひとつ1段階暗いものがぴったりでした。

44歳現在の私の肌には
目の下の頬骨あたりにうっすらと肝斑があります。

頬の毛穴もまだ少し気になりますし、
寝不足の日など目の下のクマがかなり気になります。

それでも肌にはいつも輝くようなツヤがあり、
明るく透明感もある印象です。
そして、ハリもあります。

そういえば30代後半から40歳くらいの頃
私の肌にはハリや弾力がなく、
寝不足になるとひどいたるみが出るのが悩みでした。

何をやっても乾燥が改善されることもなく
まぶたにはよく湿疹が出て皮膚科に通っていました。

それほどこの4年で私の肌は変わりました。

私が肌質改善をしたまでにしたすべてのことを
このサイトでご紹介していきたいと思います。

PAGE TOP